シャーロットケイトフォックスのようになる~ミラクルモデル術~

花

受かる秘訣

Flower

モデルを含めたいわゆる「芸能界」

華やかな舞台に立ち、雑誌の表紙を飾る。女子ならばきっと誰もが憧れる「モデル」そこへ至る道のりは決して用意なものではないことは想像に難くないでしょう。事務所のオーディション、もしくは面接を繰り返して所属するだけでも苦難の連続であるのに、さらに所属してモデルとなってもなお、オーディションを受け続けなければならないのです。ここまでの道のりを無事通過し、表舞台に立てたとしても、「立ち続ける」ということは最早奇跡と言っても過言ではありません。それでもこの業界を志す人たちがいつの時代も一定数いるということは、やはりこの世界には「夢」があるからでしょう。どれだけ困難な壁が待っているとわかっていても、「それくらい」と思えてしまうほど輝いて見えるのでしょう。それでは、一体どういう人たちが「オーディション」というものを突破しているのでしょうか。

当たり前、そして・・・

「飛びぬけて容姿が良い」「誰もが羨むスタイルを持っている」勿論こういった特別な人たちは、自ら赴かなくても声がかかることがあります。しかし、それは本当に極々一部の業界で生きるために生まれてきたような人たちです。言ってしまえば、シード・特別枠であり、この人たちは敵ではないのです。それでは、“それ以外の人たち”はどうしたらいいのでしょうか。私が見てきた中でどういった人たちがその壁を乗り越えてきたかというと、『当たり前をコツコツとやってきた人』です。具体的に言いますと、人当たりが良かったり、元気よく挨拶ができたり、聞かれたことに素直に答える、といったものです。「何の参考にもならないじゃないか」と思われた方も多いでしょうが、これらをすべて合格点にまで持っていけている人など皆無なのです。現在、表舞台でスポットライトを浴びているモデルさんたちはそういった“当たり前”をしっかりこなせている人たちが多いです。最後に、強いてこれ以外のオーディションに受かる秘訣をあげるとすると、誰から見ても「この人自分に自信あるなー」と思わせることです。モデルさんには強い心=自信が必須なのです。